高齢出産とは?

高齢出産という言葉は最近ではよく耳にするようになりました。
結婚する年齢が遅くなっているのに比例して、女性の初産年齢も遅くなっているというデータが出ており、
高齢出産が増えていると同時にそのリスクなどについてもテレビや雑誌の特集で取り上げられるようになったということで、
“高齢出産”という言葉については聞いたことがある人も多いかと思いますが、実際その詳細について知っている人は
少ないのではないでしょうか?

 

そもそも、高齢出産とは何歳からの出産のことを指すのか?
これは、35歳以上で初産を迎えることを指しています。
また、40歳を超えて出産することも、初産に限らず高齢出産といったり、
50歳以上での出産を超高齢出産と呼ぶなど、高齢出産かどうかという
判断にも様々な種類があります。

 

とはいえ、一概に年齢だけで判断できないという点もあります。
年齢だけを見れば高齢出産だったとしても、体力や筋力、または内蔵機能や
生殖機能に関しては年齢を重ねるにつれて低下していくとはいえ、個人差があります。
そのため、同じ年齢での高齢出産といえど、個人によってリスクなどが変わってくるわけです。

 

高齢出産が話題に上がるようになったのは、高齢出産における母体への負担や胎児への
負担・リスクなどがあるからであり、最近では高齢出産に臨む際にあらかじめ注意しておくこと、
高齢出産でもできる限りリスクを減らす方法などがインターネットでも病院でも説明が行われており、
“高齢出産だからといって不用意に焦ったり不安になることがないように”という考慮がされています。

 

20代、30代前半の出産と比較すれば確かにリスクも高くなり、注意しなければならない点もたくさんありますが、
そこまで危険視するものでもなければ、諦めなければならないという問題でもないというのが最近の高齢出産への
見方になっています。

 

リスクだけではない高齢出産

年々増加する高齢出産・・・。
メディアではどうしてもリスクばかりがクローズアップされ、高齢出産に臨む妊婦さんを
不安にさせる要素が多いように感じますが、実際には高齢出産はリスクばかりというわけではありません。
高齢出産だからこそのメリットというものもあるのです。

 

そもそも、高齢出産は危険だ、危ない、リスクが高いと様々な言い方でその危険性を指摘されていますが、
実際には“若い人に比べると比較的危ない”というだけであり、年齢が40代でもその人が健康な体であれば
20代、30代前半の女性の出産と比べてそこまで大きな違いはないのだという研究結果が得られているのです。

妊娠前から健康な体、元気な体を持ち、妊娠した後も食生活や生活習慣に気をつけて健康的な生活を
送ることができれば、出産に際するリスクというのもかなり軽減され、そこまで不安に思う必要がないということなのです。

 

また、精神的な面でも高齢出産であるとメリットがあると言われています。
年齢が上がるにつれてやはり精神的にも落ち着きが見られます。
また、知識も豊富になってきますので、妊娠に関する知識なども豊富であり、
妊娠中もある程度落ち着いて過ごすことができます。

 

また、出産後も広い心で子育てができる心のゆとりは高齢出産ならではということになります。
若い頃と違い、家庭内も経済状況がある程度安定しているなど子育てを行うのに必要な
環境がある程度きちんとそろっている年齢でもありますから、その点から考えてもやはりメリットはあると言えます。

 

高齢出産が話題に多く挙がってくるということはそれだけ医療面でも発達し、
対応できるようになっているということになります。

 

リスクだけを意識するのではなくメリットにも目を向けてみましょう。